新居

内装工事とは

スタッフ

住宅を新築同様に生まれ変わらせてくれる内装リフォームは、機能性を高めてくれるだけでなく外観も美しくしてくれる。また、自然素材を用いればシックハウス症候群を防ぐことも可能だ。

Read More...

家族仲を深めるキッチン

住宅街

キッチンにはいくつかの種類があり、家庭により取り入れるキッチンスタイルは様々だ。快適なキッチンに作り上げることで家族は楽しく食事ができることから、住宅でも重要な場所と言える。

Read More...

住宅における浴室の意味

リビング

人々の身体も心もリラックスさせてくれる浴室は、リフォームすることで快適な環境に仕上がる。また、最近では業者の技術力向上に伴い、システムバスを導入することも可能になっている。

Read More...

リフォームの意味合い

マンション

リフォーム(reform)を英訳すると、「改正する」「改善する」といった意味を持つ。日本で用いるそれに相当する英語は、「リノベーション(renovation)」があげられる。建築業者の中には、あえて「リホーム」と呼ぶ人が存在している。その理由としては、「家を作り直す(re-home)」といった意味が込められている。

リフォームは、一般的に住宅の「改善」や「改良」が目的で行われる。このように「改善」や「改良」が目的とはされているが、その目的を大別すると、主に三つの種類に分けられる。省エネ改装は、消費エネルギーの節約や効率化を図る目的で行われる。一般的に、断熱性能の高い住居に改装される。省エネ改装を行い消費エネルギーが軽減されると、地球温暖化の抑制に繋がり、光熱費の削減にも繋がる。また、快適性の向上や家の長寿命化といった効果も期待できる。耐震改装は、耐震性の向上や改善が目的で行われる。地震が頻発し、大地震が起こる可能性のある日本では、多くの住宅で耐震改装が必要とされる。特に、1981年以前に「旧耐震基準」で建てられた家や2000年5月の「建築基準法」改正以前に建てられた木造住居が、耐震改装の必要性を有する。それ以外でも、軟弱な地盤に建っている家であったり耐震基準に関わらず老朽化した家等も、その必要性を有する。こうした耐震改装の必要の有無は、耐震診断を受けることによって明確となる。バリアフリー改装は、住宅内に潜む危険性を回避する目的で行われる。一般的に、高齢者、中高年層、要介護者を有する家に多く見受けられる。主な改装内容としては、段差の解消、手すりの設置、出入口や通路の拡大、間取りの変更等が行われる。また、床を滑りにくい素材に変更したり、浴室や玄関への椅子の設置等も行われる。

リフォームを行う場所を大きく大別すると、それは「内部」と「外部」に分けられる。「内部リフォーム」には、主に下記の種類があげられる。キッチン改装 、浴室改装 、洗面所改装 、トイレ改装 、オール電化改装 、内装改装 、間取り変更改装 、部分改装(ドアノブ交換や畳の張替え等、部分的な改装のこと)「外部リフォーム」には、主に外壁塗装 、屋根改装、エクステリア改装などが挙げられる。