住宅維持には欠かせない「外壁塗装・リフォーム」

ニュース

2014/06/03
内装工事とはを更新しました
2014/06/03
家屋解体の意味を更新しました
2014/06/03
耐震補強の概要を更新しました
2013/10/15
リフォームを更新しました
2013/10/15
エクステリアを更新しました
2014/03/04
外溝工事を更新しました
2014/06/03
リノベーションを更新しました
2014/06/03
住居における浴室の意味を更新しました
2014/06/03
キッチンの概要を更新しました
2014/04/28
リノベーションを更新しました

ピックアップ

住居

sumai

住居とは、人が居住することを目的とした建築物のことである。「マイホーム」と呼ばれることもある。
住居は、周囲の環境から生命の安全と「人」としての尊厳を守るためのものであり、健康を維持するためのものでもある。日常的な生活を送る基盤として、それは大きな役割を持つ。
快適な生活を維持するためにも、外壁塗装や改装等のリフォームが行われたりもする。

このように住居とは、社会生活の基礎となっており、都市を構成する要素の一つでもある。こうしたことから、「低質住居」が多く見受けられる都市というのは、不良都市の形成をもたらしてしまうこととなる。

「住居」として見なされない建築物としては、下記のものがあげられる。
・会社や学校から提供されている寮、または寄宿舎
・病院や療養所
・ホテルや旅館などの宿泊所
・臨時応急的に建てられた建築物
これらは、住居ではなく「施設」として扱われる。

種類

kouji

住居を大きく分類すると、それは「一戸建て」と「集合住居」に分けられる。
一戸建てとは、構造や設備が独立した「一棟」の建物からなる住戸のことである。「独立住居」とも呼ばれる。
これに似た言葉として、「一軒家」があげられる。ただし、一軒家は「周囲に家がない場所に、ポツンと建っている」といった意味も含まれる。

集合住居とは、一つの建築物の中に、複数の住戸が存在している住居のことを指す。法規上では「集合住居」ではなく、「共同住宅」や「長屋(タウンハウス)」と記述されている。
日本で見られる主な集合住居には、下記の種類があげられる。
・マンション・・・主に三階建以上の、規模の大きい住居のこと。
・アパート・・・主に三階建以下の、規模の小さい住居のこと。
・メゾネット・・・各住戸が、複数階にまたがっている住居のこと。
・長屋(タウンハウス)・・・2つ以上の複数の住戸が、水平方向に連なっている住居のこと。

公営住宅

公営住宅とは、地方公共団体が建設し管理・運営を行う、低所得者のための賃貸住居のことである。
それは「公営住宅法」に基づき、建設、管理、運営が行われている。

公営住宅法とは、国と地方公共団体が協力し、社会福祉と国民生活の安全を守ることを目的に制定された日本の法律である。
それは、昭和26年に法律193号として制定された。その内容は、第一章から第五章に渡り構成されている。第一章では「総則」について、第二章では「設備」について、第三章では「管理」、第四章では「立替事業」、第五章では「補則」について述べられている。

公営住宅の家賃は、法律に基づき、入居者の収入や住居の規模等によって決定される。

申込資格

公営住宅への入居申込資格としては、下記の条件を全てを満たしている必要がある。

~申込資格~
・同居、もしくは同居する予定のある親族を有する者
(内縁関係や婚約者のいる者でも可。ただし、内縁関係にある場合は、それが住民票で確認できなければ不可。婚約者に関する条件は、各事業主体によって異なる。住戸によっては、単身者でも「単身者」としての条件を満たしていれば入居することが可能。)
・公営住宅法に基づいた「収入基準」に合う者
(入居予定のある全員の収入が対象。)
・現在、住居事情に困っていることが明確である者
※上記の他にも、在宅条件や在勤条件を満たす必要のある場合も見受けられる。


外部リンク

品質の高い高気密住宅の施工を依頼できる~エヌ・ホーム~